フリーのデザイナー。日々の生活からデザインのヒントを探す
by maui-j

掲載写真の無断使用・転載は
固くお断り致します。

■デザインスタジオ マウイ■

■PRIVATE PHOTO■


クリックお願いします。
  ↓  ↓ 
デザインブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村
デザインブログへ
にほんブログ村 デザインブログへ

お問い合わせ

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ
カテゴリ
プロファイル
デザイン
創作
言霊

展覧会
映画
芸術

インターネット

モノ
Photo
Photo 風景
Photo 空
Photo 街
Photo モノ
Photo 自然
Photo 建物
Photo ジャンク
Photo 人
Photo 食べ物
カメラ
iPhone
パソコン
グルメ
神社仏閣

雑記
更新情報
以前の記事
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
タグ
(335)
(228)
(80)
(66)
(65)
(46)
(45)
(44)
(44)
(33)
(31)
(30)
(30)
(20)
(19)
(17)
(11)
(11)
(10)
(8)
フォロー中のブログ
A Lake Mirror
colors
きんこ・日々笑々(ヘラヘラ)
Shou's portf...
ソラのカケラたち
::Viewfinder::
外部リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:音( 75 )
究極のデュエット
ホイットニー・ヒューストンwithジャーメン・ジャクソン
ザ・グレイテスト・ヒッツより<恋するまなざし>
そよ風の贈りものより<やさしくマイ・ハート><夢の中のふたり>
スライドするふたりの声が軽く熱唱、見つめ合ってる姿が目に浮かぶ。

母親がゴスペルシンガー、従姉妹にディオンヌ・ワーウィックのホイットニーは離婚
後、麻薬の治療中、ジャクソン5のジャーメンは消息不明(?)と残念でなりませぬ。
マイケルしかり、サラブレッドだけでなくそれに見合う実力とチャンスがあったにも
関わらず、道が逸れて行くのはどうなんだか…。
ひとつもふたつも頭が飛び出ると誰の声も聴こえなくなる。飛びぬけた才能がある
とその分どこかが大きく欠落するのかなんて思ってしまう。
岡本太郎は<成功者の空しさ>、成功しない人間の方がはるかに充実していると
云っている。他人の成功と自分の成功は違う場合が往々にある。ラインに乗かって
しまうと走るしかなくなるワケで、本来の自分の念いを憶い起こすことさえ困難に
なってしまう。そのストレスの反動とも云うべきか。一体なにを贅沢と云うのでしょ…
ってまた話がドコいくねん。

音楽ダウンロード・メガサイト Mora [モーラ]
専用ソフトをダウンロードしないと聞けないけど、視聴が充実。
便利な機能らしく、1曲のお値段は他よりちょっと高め?
[PR]
by maui-j | 2006-06-10 01:52 |
HURT NO MORE 〜MARIO WINANS〜
b0068658_1274488.jpg

頭の中のリセットにTSUTAYA徘徊、ジャケットの顔で手に取った1枚。
マリオ・ワイナンズ何故かコノ手の風貌からは、優しい声の聴こえてくる。
今や黒人=ヒップホップのイメージの中、久々のR&B、見っけと云う感じ。
以前モータウンから出してたそうで、なかず飛ばず…その後ずっとプロデュ
ースをし、この度ソロアルバムをリリース。バラード、Good Condition。
後半、リズムを刻むドラム音は教会で手を打ちながら唄うゴスペルの微かな
響きがしたり、ブラックミュージックと呼ばれた頃の懐かしい音が聴こえた
り…ゴスペル一家の中で育った残像が見える。身体の芯に沁みた小さい頃の
体感とこれまでの経験が合体すると<こんなん出来ましたけど>になる。
なんでも無駄なモノってないのかも。
ただカクテルのように分量とシェイクの仕方次第…?
[PR]
by maui-j | 2006-06-08 01:30 |
THE BROTHERS CAZIMERO 〜ブラザーズ・カジメロ〜
b0068658_44470.jpg

今宵の一枚。右のCD、87年に初めてハワイに行った時に入手。
もちろん向こうの歌手など知らないで、聞きもせず手に取った初めての
HAWAIIAN。これがまた<No Problem>の<無問題>で大正解。
左が10年後…ちょっと髪型が違うけど、声は変わらず。
大きなベースとギター<結構激しい>で至ってシンプルなアナログ回線。
例えば、こちらの<Aloha `Oe>を聴けば解る。
大らかでどこまで行っても優しい歌声。きっとナニを唄ってもカジメロ。
リキまず、惑わされずと云ったところかな…。

来日した時に一度ナマで観る機会があったけど、ヒト声で広い会場が一瞬
のうちにハワイ。開演後、ロビーでサイン会。ピンクのアロハがお似合い
で、そこいらへんのハワイ人と変わらない。
まさしく、ネイティヴ・ハワイアン。
b0068658_46306.jpg

87年のワイキキ。バカチョンカメラのレンズにサングラスを被せたら
こんなんになりましたケド。

癒しの効果があるとか…。6月は観光のオフシーズンでお安いはず。
19時間の時差で、あちらはまだ5月最終日の朝。
着いた時得して、帰って来たら損した気分になる。まるで、竜宮城。
[PR]
by maui-j | 2006-06-01 04:18 |
WIN…引き続き妄想中
b0068658_463951.jpg

で、もうひとつは<音>。
まずは、カセットテープ。コレがなくなると、場所的に随分すっきりする。
CDに焼きつけるには量が多すぎる。DELLの入力端子がどうなってんだか
解らないけど、とりあえずカセットデッキと繋げてデジタルで保存。
ここはひとつ、音楽用に外付けHDを使うしかない。
レコードは、プレイヤーがないのとジャケットを捨てる気になれないので
暫く保留。レターメンやエヴァリーブラザーズのコーラスは今すぐにでも
聞き直したいけれど…。
アナログ音源→デジタル化はこちら
ソフトを使えば、ミキサーコントロールで音源を調整したりノイズを消す
こともできるみたい。達郎さんがよくサンデーソングブックで手持ちの
古いレコードを流してるけれども、こういうことなのね。

ソーシャル・ネットワーキング<mixi(ミクシィ)>も音楽サービス
<mixiミュージック(ミクシィ・ミュージック)>をプレミアム会員に限り
試運転。環境として
 Windows 2000/XPiTunes, Windows Media Player
 Mac OS 10.3以降iTunes
と云うことで、今の私の環境では無理。<情けなぁ〜>
[PR]
by maui-j | 2006-05-23 00:23 |
Baile<踊り>・Cante<歌>・Toque<ギター>
b0068658_18184398.jpg

空から見たスペインは土色。
映画<誰がために鐘はなる>に出てくる風景も奥深い山。
街の中心であってもしっかりとした古い建物と石畳。

フラメンコを教えてるMさん、化粧をして衣装着て踊っている写真はまるで別人。
年に一度は現地に行って、本場のフラメンコの空気を吸わないといけないと云う。
イメージにとCDを貸して貰い、レイのごとく昨晩からずっと流している。
一番手前の<NINA PASTORI>が一番お勧めで、17才から歌いだしてまだ26才
だとか…バラード、ポップスっぽいのもあり、日本人でも聴きやすい。ハワイア
ンでも昔の匂いを残しながらの新しいアレンジが増えてきている。外へ出ても充
分に通用するのだろうけど、スペイン人はそういう気持ちをあまり持ち合わせな
いらしい。

ギター、手拍子、しゃがれた声、小さなタブラオ、お酒、ボァッとした灯り、
眉間にシワ…ラテン系で明るいと云うより秘められた想いとか哀愁とか。
かと云って決して重いワケでもない。
気候と気質はどこか似たところがある。スペインの冬は底冷え、夏は脱水症状が
でる程の暑さ、一瞬一瞬にその時の感情を表現しているのかも…。
[PR]
by maui-j | 2006-05-20 18:22 |
思わず、聞き耳をたてる
近年稀に見る最高傑作。

 あなたがいるから私は生きてゆく勇気が湧いてくる
 決して我がまま云わないわァ
 一途な女心を切々と歌い上げる
 <ストーカーと呼ばないで> 張り切ってど〜ぞ。

オオタスセリ
試聴じゃ物足りないけど、いったいどこぞの誰ですねん…?
[PR]
by maui-j | 2006-04-20 22:26 |
あの日の紙ジャケ<Vol.1>
b0068658_312596.jpg


最初、達郎さんのバック・コーラスで知った<村田和人(右)>。
コレは、83年のセカンドアルバム<ひとかけらの夏>。
ウエストコースっぽい音楽。海岸沿いの道を車で走ってる感じ。

 君の好きな歌を いつも ポケットに入れて
 一本の音楽が 僕の旅のパスポート

マクセルカセットテープのCMで<一本の音楽>がスマッシュヒット
サントリーワインのCM<ニコニコ・ワイン>と軽快な滑り出し。
87年には邦画<ハワイアン・ドリーム>の挿入歌も。
神戸のライブハウス、チキンジョージには何度足を運んだことか。
最後の方はテーブルがとっぱわれ、ワンドリンク手持ち〜の、横並び
の椅子に座り〜のになっていたけど…。
b0068658_18521836.jpg

次に目がいく、バックのギター<山本圭右>。
専門じゃないんでよく解らないなりに、多分めちゃくちゃギターが
上手いヒトなんだと思う。
<PIPER>と云うバンドを組んで、アルバムも出していた。
これをミュージックサーフィンとでも呼ぶべきか…
なんだか数珠繋ぎに、これがまたツボにハマる。

このふたり+平松絵里、西司でユニットを組んで<Honey & B-Boys>。
で、創ったアルバムが左の<BACK TO FRISCO>。87年。
レコードプレーヤーが壊れたので長らく聴いてないし、これから聴く
予定も未定。

ちょっと斜…映画で云うとミニシアターでやるような感じがスキだった。
CD化されず残念だけど、プレイヤーの音が当時に引き戻してくれるかも。
車でよく聴いたテープ達は健在なので流していると、思い出すのはライブ
の震えだったり、汗だったり…。
やっぱりなにより<ナマ>がよろしい。体感したことは忘れない。

京都の<都雅都雅>には来てるようだけど、そこには鈴木トオルも…。
ライブハウスの老舗…昔から残ってる<都雅都雅>もすごい。
[PR]
by maui-j | 2006-04-12 03:47 |
懐かしの50年代から網羅
BellevueRadio
とりあえず、70年代をBGMに…。

windowsではチャンネルが聴けるのに、Mac<OS 9>ではなんだか聴こえない。
ちょっと疎外感…。
[PR]
by maui-j | 2006-03-17 15:12 |
Il Divo
かっこいい男性4人グループ。思わず、目と耳がトマル。
オーケストラとオペラとカンツォーネを混ぜて
耳馴れた曲を歌うとこんな感じ。
コチラ

なんとなく見ていた<Billboard Top10> …黒人がひしめいてるのに驚く。
黒人だからと云う理由だけで同じプールに入れず、水泳の競技に参加出来ない
時代もあったと聞いたような、どこの分野でも黒人が認められるまでの永い歴
史がありそうで…。
とにかく、聴いてもらうために白人に向けて唄っていたサム・クックも草葉の
陰で喜んでいることでしょ。助走が長い分、遠くへ飛びそうな…。
[PR]
by maui-j | 2006-03-11 01:59 |
今夜の曲…ステップアップ<その2>
ドリフターズ
「8時だョ、全員集合!」でなく黒人グループ。

どちらかと云うと<キングトーンズ>より<シャネルズ>寄り
R&BよりDooWopのイメージ。こんな感じ
有名なところでは「ラストダンスは私に」や「渚のボードウォーク」。

サイトで翻訳すると<流れ者>の文字がやたらと出てくる。グループ名の
キャッチコピーかと思いきや、<DORIFTERS>の直訳がそんな意味なのだ。
私が生まれる前から今もなお現役。
メンバーは入れ替わり立ち替わり…が、グループ自体がなくならないのが素晴らしい。
<ベン・E.キング>がいたのは知らなかった。<流れ者>の意味はそこにある…?!
こちらも原型を守りながら、確実にステップアップ続行中。

Excite blog 投稿画面がちょっと便利に…。
[PR]
by maui-j | 2006-02-17 01:31 |
愚者一得 トップ