人気ブログランキング |

フリーのデザイナー。日々の生活からデザインのヒントを探す
by maui-j

掲載写真の無断使用・転載は
固くお断り致します。

■デザインスタジオ マウイ■

■PRIVATE PHOTO■


クリックお願いします。
  ↓  ↓ 
デザインブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村
デザインブログへ
にほんブログ村 デザインブログへ

お問い合わせ


ブログパーツ
カテゴリ
プロファイル
デザイン
創作
言霊

展覧会
映画
芸術

インターネット

モノ
Photo
Photo 風景
Photo 空
Photo 街
Photo モノ
Photo 自然
Photo 建物
Photo ジャンク
Photo 人
Photo 食べ物
カメラ
iPhone
パソコン
グルメ
神社仏閣

雑記
更新情報
以前の記事
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
タグ
(335)
(228)
(80)
(66)
(65)
(46)
(45)
(44)
(44)
(33)
(31)
(30)
(30)
(20)
(19)
(17)
(11)
(11)
(10)
(8)
フォロー中のブログ
A Lake Mirror
colors
きんこ・日々笑々(ヘラヘラ)
Shou's portf...
ソラのカケラたち
::Viewfinder::
外部リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
より具体的に
ネットの溢れんばかりの情報。ここのところ、下調べばかり…。
ただ、スペックの意味が解らないと価格だけを比べることにしか使えなく
目の前の情報もただのチラシ感覚になってしまう。

知らない言葉がドンドン出てくる…その言葉調べから横道に反れるのは仕方のないこと。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 と云うのを見つける。仕組みもなるほど…。

電化製品なら数値が高い程いいに決まってる。
けど、その数値の基本が解っているワケでもない。
使用者の商品の評判も記載されている。
お店のマージンに左右されることなく、こちらの方が比較的正しい情報だろう。
自分の理想と内状を照らし合わせて、どこで手を打つか…。

例えば、スピーカーの音、デジカメ画像からの出力、画面の見え方、キーボードの感触…等々。
実際、手に取らないと解らない。
そこで、頭の中に知識を詰め込んで、いざ店頭へ…。
商品が決まれば、どこが一番安いかは再びネットで検索。

店頭の存在がすっかり変わってしまった。
by maui-j | 2005-02-28 23:18 | インターネット
的確な端折り
どこに重点を置くかとか、優先順位と云うこと。
1)周りをぼかすことによって、その部分が活きて見えることがある。
2)いつまでもやってられない、時間の節約、どこで手を打つか。

常に全体を見直し、結果を創造しながらの作業。
その経過で予想もしなかったことも逆に利用しながら、まだ見えぬカタチを柔軟に変化させていく。
ならば…最初の完成図自体、ぼんやりしたアウトラインでいいような、結果オーライの余裕も必要かもしれない。
それも何度も経験して身に付くもの。本や聞き齧りでは続かない。
精神を研ぎ澄まし、五感で感じている手ごたえが解るようになれば…。

序々にフェイドアウトするように、あくまで余韻を残しながら完成となることが理想の終わり方…?
by maui-j | 2005-02-27 00:21 | 雑記
あなたは天才
愛するガラがダリに言った言葉。
離れて行こうとするガラを想う気持ちが、生涯変わらなかったところがすごい。
表面的な言葉だけを頼りにしていただけではないはず…。

ガラの肖像画を500時間もかけて描く…
ガラとずっと一緒にいたい、ガラをずっと見ていたい、ただそれだけのことだったのかもしれない。
by maui-j | 2005-02-26 16:15 | 芸術
安藤式
建築家 安藤忠雄氏は、忙しい仕事とは別にコンペに参加。
その際、通りそうな作品創りでなく、その主旨を深く考え自分の想いを込める。
日頃の仕事の鬱憤を晴らしているのか、限りない挑戦者なのか…。
グラフィックデザイナーの松永真氏は、クライアントの理解の無さに嘆く
今は亡き田中一光氏は、入稿直前で、全面訂正をした
市川猿之助氏は、スーパー歌舞伎を確率させた
どれも通じるものがあるような気がする。

コンペ提出まで後、6時間…まだまだ、その足元にも及ばない自分は、どうする?
by maui-j | 2005-02-24 17:32 | 創作
凹の伝染
午前11時、受話器から「元気…?」とスペインで画家を目指す友人の声。
向こうは確か8〜9時間遅れ、夜中のはず。
こんな時間の電話に元気もなにも関係ないだろに…。
去年の暮れ日本から帰国してから、周りのバタバタで振り回されていると云う。
ラテン系の賑やかさは、悲しい時にも一緒に大騒ぎするらしく、さすがの彼女も神経がズタズタ。
その上、その年の動向を示す大々的な絵の展示会の様子も芳しくなく、先行きの不安を隠せなくなっていた。
日本の芸術に対するレベルの低さに覚悟を決めての帰国だったが、それ以上に世の中の状況の悪さを目の当たりにしたようだ。
いつもは、なんとかなるさ…とそれでも立ち直りそうな言葉が飛び出す。
でも、今回はその様子が聴き取れない。

今まで、ドン底あったやん、それ乗り越えてきたやん…そんな言葉も通じないようだ。
芸術の真髄がよく解からない私が、彼女達の絵をみて、ウルウルながらこれっていいんじゃないかと思ったから云ったので、私としては気休めの言葉ではない。
草間さん、すごくよかったよ…あの画家さんなら、どうしてただろうね…
なんとかプラスになったヒト達の話をしたけど、焼け石に水?

頑張ってるヒトにもっと頑張れってこと…一番むごいことと解かっていながら
霧の向こうにゴールとまではいかなくても、晴れていそうに思うのは他人ゴトだからかな。
by maui-j | 2005-02-24 01:19 | 雑記
「らしく」とは…
Illustrator CS を触る。
気になっていた3D機能は、Dimension3 をバージョンアップした感じ。
テクスチャーも張り込めるし、回転もかけられるが、どうなんだか…。
無いものを平面上で見える立体で表す。
今、手のしようとする前に目で見る感触みたいなものは、光と影に違う微妙な色をヒト筆置くことによって、出てきたりする。
云えば、ウソの部分がよりリアルに見せることになる。
パソコンでそれは、どう計算しても出てこない。
その「温度感」や「素材感」は、計算だけでは無理なのである。
by maui-j | 2005-02-22 18:50 | 創作
道具は道具
はるか彼方、Adobeの「Illustrator」に引っ付いてた「Dimension」。
3Dとは云うには袖に短し襷に流し…2.5Dと云ったところだろうか。
少し前、インストールしてちょっと触ってみる。
やっぱりちゃっちいかも…と放りだしていた。
で、今日パラパラ本をめくっていると、な・な・なんと、ちゃんとりっぱな作品が…。
ソフトのせいでなく、腕のせいでした。
by maui-j | 2005-02-20 01:47 | 創作
501
b0068658_230660.jpg

取っかえ、引っかえ履いてみるけど、LEVI'S…中でもやっぱり501に落ち着く。
後ろポケットのステッチで、一発でLEVI'Sだと解る。
何よりキツクもなく、ユルクもなく履き心地、立ちスタイルがいい。
しっかりした生地なのに、前ボタンも片手でスムーズ…ファスナーが簡略的に思ってしまう。

出発点が作業着なので、時代の流れとは言え芸能人以外が正式な場所で履くことは、ちょっと無理がある。
が、基本を守りながら進化してきたデザインとその歴史…共に充分誇れる逸品。
by maui-j | 2005-02-19 02:29 | デザイン
不動の位置
電話で問い合わせ、メールで対応、ネットを徘徊、市場調査…私的な用事で訪問者。
ペイパルとやらが、便利らしい。但し、登録は英語。目まぐるしいネット界。

確定申告、停滞。
今日は、牛乳とパンを買いに地面に降りただけ。
筋肉が溶けてなくなりそう…。
by maui-j | 2005-02-17 22:18 | 雑記
不審者侵入
b0068658_1704323.jpg

デジカメ入れたら、フリーズして立ち上げ直し。
そしたら、こんなヤツが…ゴミ箱に入れても消えない。

この画面出て来たら、マウスで写真のウィンド動かしそうになってしまう…。
by maui-j | 2005-02-16 17:00 | 雑記
愚者一得 トップ