人気ブログランキング |

フリーのデザイナー。日々の生活からデザインのヒントを探す
by maui-j

掲載写真の無断使用・転載は
固くお断り致します。

■デザインスタジオ マウイ■

■PRIVATE PHOTO■


クリックお願いします。
  ↓  ↓ 
デザインブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村
デザインブログへ
にほんブログ村 デザインブログへ

お問い合わせ


ブログパーツ
カテゴリ
プロファイル
デザイン
創作
言霊

展覧会
映画
芸術

インターネット

モノ
Photo
Photo 風景
Photo 空
Photo 街
Photo モノ
Photo 自然
Photo 建物
Photo ジャンク
Photo 人
Photo 食べ物
カメラ
iPhone
パソコン
グルメ
神社仏閣

雑記
更新情報
以前の記事
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
タグ
(335)
(228)
(80)
(66)
(65)
(46)
(45)
(44)
(44)
(33)
(31)
(30)
(30)
(20)
(19)
(17)
(11)
(11)
(10)
(8)
フォロー中のブログ
A Lake Mirror
colors
きんこ・日々笑々(ヘラヘラ)
Shou's portf...
ソラのカケラたち
::Viewfinder::
外部リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
張りめぐらせる
b0068658_212480.jpg

美しいモノは五感を刺激し、内面を磨く。
薫りは魔を祓う。
情熱の赤と冷静な青を混ぜた紫もそうだと美輪さんのお言葉。

視・聴・嗅(きゆう)・味・触。
だったら、悪いモノに触れなければいい。でも、一歩足を前に出す度に
ウンチを踏んでるような昨今、そんなこと限りなく皆無に近い。
オーラのように跳ね返すバリアを張ればいいわけで…十戒で海が真っ二つ
に割れるシーンが目に浮かぶ。

映画「戦場のピアニスト」の長いながいエンディング、ずっとショパンを
弾いている手と鍵盤の映像だけ…殆どのお客さんが立つことはなかった。
それまでゆっくりクラシックなんて聴くことのなかった私さえ、目が点に
なり惹き込まれる感覚。
美輪さんの仏語の「愛の賛歌」をナマで聴いた時は、胸が熱くなった。
日本の歌は言葉が分かるだけに頭を使ってしまうけれど、言葉の分からない
外国の歌や演奏だけの曲は、それこそ音そのものを感じるしかない。

で、フジ子・ヘミングウェイのピアノをバックにお香を焚いてみる。
外の雑音を感じながら、耳はそちらに傾く。
心臓の鼓動がその流れに合わさっていく感じかな。
でも、格好ばかりじゃダメなんだよね。何度も経験しないと身につかない。
身体の芯まで染み込むまで時間が掛るかも…。

ところで、美輪さんがつけている香水は「TABU」。
どんな薫りか知らないけれど、まだ私がつけるには早過ぎる。

そして、Flash JAWACON2005 パス…段取り悪過ぎる。
by maui-j | 2005-08-27 15:37 | 雑記
ナニで稼ぐ?
宅ふぁいる便での大容量ファイル受け渡しサービスは、とっても便利。
メール確認からダウンロード報告までしてくれる、心遣いがニクイ。
コレが無料…無料だから価値がある。会員26万人と云うからすごい。
この数字をみせれば広告主に対するアピールは充分だろうけど、利用者に
ビジネスマンが多いとあって、私にすれば広告もメルマガの内容が目新しい。
とにかく、なくなったら困るヒトが多いってこと…。
メディアに焼いても同じ心配はあるけど、ウィルスチェックしてくれれば
尚一層云うことはない。説明、Q&Aには書かれてないようだけど…。

先日、楽天の味気ない入力画面を初めて見たけど、これまたすごい量の項目。
ヒト目見ても全然分からない。

トラブルがあった時は恐ろしい…でもメンテナンスさえしっかりしとけば、勝手に働く。
とある会社がWEBデザインからソフトの開発に移行すると、あるサイトで見た。
基本のシステムを作ってカスタマイズすれば、いくらでも流用できる。
by maui-j | 2005-08-25 01:18 | インターネット
自分軸
b0068658_13501416.jpg

一時、時間を知る手立てはビデオか携帯、パソコン…。
で、今年になってから買ったソーラーで電池いらずの時計。
ボタンを押すと衛星だかなんだかで秒単位で勝手に合わせてくれる。
まぁ、一生モンだね…と思ったけど、やっぱり殆ど見ない。
ど〜でもいいことだけど、デジタル数字の並びを<1234>にしようと
したらモタモタして<5>になる。

ここ最近、寝るのが遅いのに加えて数時間で目が覚める。
気が立ってるのか、体内時計が完全に狂ってしまってのか…身体はそう
しんどくなく、眠たいような眠くないような…目の周りがボ〜ォ。
マメに体重を計る方ではないので、Gパンがバロメエーター。
ちょっと緩めに…計りに乗ってみると覚えある数字から5kg減。
体脂肪が問題なんだよね。

以前、探し求めて東京の漢方薬屋さんまで辿り着いたことがある。
えらく丁寧な店員さんで、えらい長話になった。ちゃんとした立ち姿を
教えてもらった時、なんと不自然な格好なんだと思ったことだけ覚えている。
時間軸と共に全てがドンドン自分流に楽な方へ流れてる…。

ナニはさておき、昨晩は寝ることにした。
いつまで続くか分からないけど、身が軽くなったとこで久々に筋肉をつける
努力でもしてみるとシマス。<公言…しかし、誰も見てない。>
by maui-j | 2005-08-24 13:56 | 雑記
そぐわない場所
昨日ビーチボーイズ、今日カーペンターズと特集があった。
よく聴いていた頃若かったせいもあるけど、ただ曲が好きなだけで
そのご本人の背景なんて興味はなかった。

カレンは念願の結婚後、1982年拒食症で亡くなっている。
地味で相当完璧主義者だったらしい。
ドラマーの意識の方が強く、歌も唄うと云う意識。
人気が出てくるとカレンの姿がドラムに隠れるとファンからの声。
仕方なく綺麗な衣装を着て真ん中に立って唄う。当時はそう思わな
かったけど、正直なとこどっかアカ抜けないような…。
カレンの心情と重ねた曲創りで、その表現も完璧。
70年代の初めからドッと人気がでれば出る程、表面的な部分で自分
の理想と違った方向へいかざる終えないことはよくあることで…
リチャードと共に身体を壊すことになる。
自分の殻を破る為に1年半かけて制作したソロアルバムも納得が
いかずリリース中止。

お墓には、「世界のスター、天国のスター」と刻まれているらしい。
一番スキな「青春の輝き」がカレンの気持ちに一番近かったなんて…
もしカレンが歌手になってなかったら…スターになってなかったら
まだ生きていたのかもしれない。
才能が努力で活かされチャンスがあっても、それが苦しみの原因に
なることもあるんだねぇ。
by maui-j | 2005-08-22 00:22 |
飛んでマス
b0068658_1361173.jpg

今日は風の流れが速かった。
「ネバーエンディング・ストーリー」のファルコム(だっけ?)に見えたけど
写真見ると違うなぁ。でも、なんかみ見える。

右手の知能線の先が下に下がってきてる…近頃、気になること。
by maui-j | 2005-08-21 01:42 | Photo
阿修羅城の瞳
2003年、市川染五郎、天海佑希主演の舞台。
詳細はこちら

この時、大阪の松竹座に初めて入る。
3階のテッペンから1回だけだったので…もう一度観たかった。
ケーブルTVでやると聞いて喜んでいたのに、コロッと忘れて途中から観る。
ナマ舞台が始まると床に映し出されたり、光線のようなライトの効果がすごく
て3階でよかったかも…と思っていた。TVの画面だと、その魅力が半減。
デジカメで光の具合で全然色が違って写るのと一緒なのか、色を跳ね返した
映画のような映像。
ただ立ち回りが前列に置かれたカメラで下からなめるような映像で、座席では
見れないアングル、プラスやり直しのきかないナマならではの緊張感と迫力。
刀がぶつかる「シャキ〜ン」と云う音まで入っていると云うことは、ズレる
ことの許されない緻密な立ち回り。
昔の着物をアレンジしたも衣装もアップで…。
頭のどこかに残像として残っていたのか、どの場面も思い出される。

2000年、2003年再演、今年に入ってだったか映画でも上映されていた。
舞台は劇団新幹線、どれも市川染五郎主演だけれど、どの役も各々個性的で
役者さんによってかなり違ったイメージになるのではないかと…。
相手役のつばきは、少女から女性そして最後には鬼になる役なので、私の想像
の中で天海佑希が一番ピッタリなような気がして、映画は観に行かなかった。
by maui-j | 2005-08-20 03:07 |
只今、準備中…
歳を取ると子供に返ると云うけれども、うちの祖母は少し違う。
何ごとも筋を通したがり、度を越して廻りを振り回すことも度々。
ある意味頑固モノ、だけれどその実は公平な目で見た判断。
親戚はどこにでもいる年寄りの戯言だと流すけれど、今どきこんな正統で
気丈な年寄りは少ないだろう。
目の瞑りどころをちゃんとわきまえている。
「耐える」と云うより「踏ん張る」と云う言葉の方がぴったり。
情緒的なところが元々少なく「生きる」ことに貪欲な方。
長く生きると色々なことを見ないといけないので辛いものだけれど
とにかく立ち直りが早い。これが長生きの秘訣か…。

最近、そこに加え自分の「死」と云うものを意識せざるお得なくなり
ドンドン削ぎ落とされピュアになってきているもよう。
ヒトは、こうやって最期の覚悟を積み上げていくのかと目の前で見せて
くれているようだ。

小さい頃から面倒みて貰っていた私は、祖母の中でずっと小学生のまま。
それがいつの間にかお互い対等に話が出来、年令とか身内とかを超えた関係に…。
身贔屓ではなく、私にとってはぶっちゃけていい悪いをちゃんと話せる唯一の
ヒトである。
私のことをよく知る友人は、外から見ていてその空気がよく分かるらしい。
多分祖母がいなくなった時、一番痛いのは何を隠そうこのワタシ…間違いない。
by maui-j | 2005-08-19 10:03 | 雑記
フォレスト・ガンプ
b0068658_1364351.jpg

1994年、トム・ハンクス主演の映画。
T・ハンクスの映画はついつい見てしまう。本人が好きなのかストーリーに
興味があるのか自分でもよく分からず…「ビッグ」の頃はまだ少年だった
けど、いい歳のとり方をしてる。
詳細はこちら

バスの停留所のベンチで入れ替わり立ち代わり座るヒト達に自分の生い立ち
を話続けるフォレスト。
まるで大阪のおばちゃんのよう…話かけられる方は戸惑う。
全てに垣根がない。IQの低さのせいだけではないような…

走れと云われ延々と走る。やれと云われたことを忠実に続ける根気に脱帽。
それが全ていいように廻って行く。そうすると、他人にはその行動が意味
ありげに見えてくるのが不思議。
ただ単純にひとつのことを守っているとそこに魂が宿るようで、ヒトは解釈
に能書きをつけてもったいぶってるだけなのかと思ってしまう。
まぁ映画上のことなんだけど、あり得るよねと知り合いに云うと「え〜」
とか云われた。

他人にとっては余計なお世話的なところもあるけれど、後から考えると
よかったなんてこともよくあることで…
その出発点が、真直ぐな気持ちからかどうかなのである。

その時代に合わせて実在の人物と上手く合成されている。サービス精神?
って感じもあるけど、ザックリとアメリカらしい映画。
だいぶ前に続編の本を買ったけど、まだ読んでない。
by maui-j | 2005-08-18 01:53 | 映画
一瞬のために
以前、玉三郎のインタビューで役を演じることは乗り移ることだと云っていた。
横尾忠則も芸術家は巫女の装置だと…。
ヤマダ電機の陸上部、江田選手も最後だと決心したレースで世界陸上の日本代表
に選ばれ引退を延期。

よく自分がやったと思えないとか聞くことがある。自分の意識を超えて別のところ
から舞い降りてくる「想い」よりもっと高度な次元の感覚。
積み上げて積み上げて、削ぎ落とした時にやてくる…その繰り返し?!
ずっと力んでいては疲れてしまう。
いつ舞い降りてきてもいいように、影ながらモチベーションを高めておく。
それが出来るかどうかが難しい。
by maui-j | 2005-08-15 20:04 | 雑記
「香港的眺絶景」公開。そして…
何年前だったか…200万画素のデジカメで撮った香港。
ウォン・カーウェイ監督の映像とレスリー・チャンの「チャイニーズ・ゴースト・
ストーリー」の動きを目指したけれども、見事に崩壊。
ワイヤーアクションのつもりが荒い創りとなり、かつて吉本新喜劇にいた谷しげる
のトーキーとなってしまった。
一体なにを焦ってるか…どうも流れが速くなる。

曲の方は個人的作品と云うことで、SHOTOC [ショウトク]からお借りする。

これをどこに入れようかと迷うが、取りあえず一旦こちらへ。
  ↓
Web Margin絵本one shot story香港的眺絶景

奥深過ぎ〜ィ…サイトの方もそろそろ整理して進みやすくする必要があることに
今更ながら気がつく。多々反省しながら、夜が更けて行くのであった。
by maui-j | 2005-08-12 03:41 | 更新情報
愚者一得 トップ