人気ブログランキング |

フリーのデザイナー。日々の生活からデザインのヒントを探す
by maui-j

掲載写真の無断使用・転載は
固くお断り致します。

■デザインスタジオ マウイ■

■PRIVATE PHOTO■


クリックお願いします。
  ↓  ↓ 
デザインブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村
デザインブログへ
にほんブログ村 デザインブログへ

お問い合わせ

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ
カテゴリ
プロファイル
デザイン
創作
言霊

展覧会
映画
芸術

インターネット

モノ
Photo
Photo 風景
Photo 空
Photo 街
Photo モノ
Photo 自然
Photo 建物
Photo ジャンク
Photo 人
Photo 食べ物
カメラ
iPhone
パソコン
グルメ
神社仏閣

雑記
更新情報
以前の記事
2013年 04月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
タグ
(335)
(228)
(80)
(66)
(65)
(46)
(45)
(44)
(44)
(33)
(31)
(30)
(30)
(20)
(19)
(17)
(11)
(11)
(10)
(8)
フォロー中のブログ
A Lake Mirror
colors
きんこ・日々笑々(ヘラヘラ)
Shou's portf...
ソラのカケラたち
::Viewfinder::
外部リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
トロン レガシー
これは、映画館で観るべきと…。
普通の3Dでもよかったのだけど、<IMAX>上映しかなかった。
スクリーンを並べることは不可能なワケで
その違いは判らず…
まぁ、デカイってことはなんとなく。

内容的には、依然続いているマイブーム<AVATAR>には勝てず。
が、スピード感とかビジュアル的にスクリーンで観る価値はあった。
時代の流れか…これがディズニーなんだなぁ。

自分で作った機械にヤラれる2001年宇宙の旅を思い出したり。
スターウォーズ、マトリックスが垣間見えたり。
仮想世界には太陽がない。
自由に動けるのはあくまで造られた地域だけ。
そこを一歩出れば未発達って感じで、すごい可能性があるようで
実はすごく狭いのかもしれない。

背中の円盤はその人となりを背負っているようで…。
現実の私達も見えないケド、ショッテルんだろうなって感じデス。

TRON 2010


TRON 1982


最初のTRONは、28年前。
デザインもまだ文字が写植から電算になりかけ
版下を作っていた頃(?!)
映画もそんな香りがする。



by maui-j | 2011-01-26 01:57 | 映画
It's 懐
b0068658_22255291.jpg

b0068658_2226515.jpg



蒼氓





by maui-j | 2011-01-25 23:27 | Photo 街
第22回フォトクラブ大峰写真展 山河碧風
こちら
これぞ、写真。
大峯山…人里はなれた山中、
道無き道を重い荷物を担いで目的地へ。
なんとか行けても、上手く撮れる保証があるワケでもなく
命がけなのでアリマス。
20m の氷柱、雲海、星の軌跡、外界では見られない植物、水の色。
山頂では富士山まで見えるらしく、ビックリ。
空気が澄んでいると、色んなモノが見られるようデス。

低温ではカメラが使えないと先日聞いたばかり。
それは、電池がもたないとのこと。
電池を使わない機械のカメラでフィルム撮影。
レンズも違うらしい。
話を聞いていると、昨今のデジタル一眼がコンパクトカメラに思えてきた。
そこそこならデジタルもフィルムに近づいてきてるように思っていたケド
その上になるとやっぱり違うもよう。
陰、太陽の光、霧などなど…立体感なんだな。

<モノリザの微笑み>がミクロの点描だという説があるらしいけど
繊細な色の境界線…そんなカンジ。

なんだか気持ちが引き締まった。





by maui-j | 2011-01-18 00:47 | 展覧会
徒然シネマ
b0068658_2258594.jpg


久々にぶらりとTSUTAYAに立ち寄る。
TVのDVDが壊れ、macで観ようと思いきや
<リージョンコード>を変更するようにとの指示。
変更くらいならいくらでもするけれど、計5回しかできないらしい。
なんなんだ…それって。
回避できるフリーソフトを入れてみるがうまくいかない。
なので、結局Win XP のノートで観ることに…。

映画館が一番だけど、やっぱりCMの入らないのはいい。

●ココラインとボタンの魔女
思いっきり個性的なキャラクターが面白い。
アニメーションは如何に現実離れしているか…だと思う。

●ココ・シャネル
オドレイ・トトゥが好きで<ココ・アヴァン・シャネル>を先に見たけれど
シャーリー・マクレーンの方が貫禄があってシャネルらしい。
アップになった時の顔のシワがいい。
若い時の場面の始まり…モノクロからカラーになって回想っぽい。

●プール
<かもめ食堂>的かと期待したけど、ちょと違う。
少ない出演者とのんびりした外国の雰囲気は似ていたが
もっと現地の人との関わりがあってもよかったかも…。

●カッコーの巣の上で
ジャック・ニコルソン38歳の頃。
今よりほっそりしても、若さ故の荒々しさは独特。
真っ黒の中の小さな白点の眩しさとか
孤独でも実は寂しがり屋だったのだろうかとか

以前観ていたのかもしれないけど、記憶になく
じっくり見入ってしまったのは、この歳になったから…?!

●AVATAR
やっぱり好きだなぁ…DVD、買おっと。



by maui-j | 2011-01-03 00:13 | 映画
愚者一得 トップ